【セットとセッティング】大麻のバッドトリップを防ぐ方法

こんにちは!

一度すごいバッドに入りコーヒーショップで動けなくなったことのあるYuです笑。

その時は周りの全てが怖かったですね。
ちなみにそれから連続3回ほどバッドでした笑。

大麻の効果は、同じものでも状況や体調によって大きく異なります。

ある時はグッドトリップで全てが素晴らしく楽しく感じ、ある時はバッドトリップで全てがネガティブにもなります。

バッドトリップには自分の問題を気付かせてくれたりと有益な面もありますが、せっかくならグッドトリップを楽しみたいです。

今回は二つのコツ、「セット」と「セッティング」を学んで、グッドトリップマスターになりたいと思います。

基本的な考え方

体験を良いものにするには「セット」と「セッティング」が重要と言われますが、そもそもこれらは何なのでしょう??

ここでは概要だけになりますが、

セット=心の状態
セッティング=身体の状態と周りの環境

のことになります。

摂取前にこれらを整えておくことが体験を良くする方法です。

セットについて

セットとは?

セットとは心の状態のことです。

あなたが最近何を考えたか、意識したか、感じたか、どんな気持ちでいるかです。

「心」という広い部屋をイメージしてもらうとわかりやすいかも知れません。

部屋の中心には自分がいて、その部屋にはたくさんの気持ちや考えが散乱しています。

ネガティブな悩みもあれば、希望や達成感などのポジティブな気持ちもあります。

その部屋が今のあなたが意識する範囲、つまり心の状態であり、セットというイメージです。

トリップへの影響

私たちの気持ちや考えは、普段の生活の中でもこのようなセット(心の状態)に影響されています。

そしてトリップ時にはその影響力が強まります。

心の部屋の照明はより明るくなり、あなたはより活発に、よりランダムに動き回ります。

またそれぞれのモノ(記憶や思考のイメージ)を見るときには、よりはっきりと集中して感じるようになります。

その結果、普段よりもより多くのモノに、より深く触れることになります。

この場合、もし心の中にネガティブなもの、例えば悩みや嫌な考えがあれば、無視しようとしてもいずれは見つけて深く考えてしまいます。

セットを良くする方法

こういった状態を避ける為にはどうすれば良いでしょう?

その答えは「心の状態を良くしておく」です。
例えば、

  • 悩みを解決しておく
  • 不安・焦り・心配ごとを無くしておく
  • やりたくないけどやらなければいけないタスクを終わらせる
  • 信頼出来る人と一緒にいる
  • 楽しみを用意する(美味しい食べ物や楽しい音楽・映画など)

などなど。

これらを通じて良い心の状態=良いセットを作ることができます。

セットを良くする方法(具体例)

具体例を記載しておきます。

  • 使用前までにその日のタスクを終わらせておく
  • 初対面の人や好き・信頼していない人とは一緒にしない
  • 自分の部屋などよく知っている場所の近くにいる
  • 近くに一人になれる場所を確保しておく
  • 自分に正直でいる(嫌なことをしない)
  • 混雑した場所に行かない
  • 「大麻」の一般的な影響や効果について把握する
  • 大麻の摂取し過ぎで死んだ人はいないことを認識する
  • 摂取量を少なめにする
  • 摂取するネタについて把握しておく
  • バッドトリップ対策を用意しておく(良いセッティング・シャワー・水分・糖分・睡眠環境など)

セッティングについて

セッティングとは広くは心の状態以外を指しますが、より具体的には身体の状態と周りの環境です。

身体の状態とは薬を服用していないか、アルコールを摂取していないかなど、使用した時にネガティブな方向に強める要素があるかどうかです。

周りの環境とは、例えば、快適なソファやベッド、美味しいアイスクリームや気持ちの良い音楽、ポジティブで楽しい映画や美しい自然などです。

セットでもこれらのものがあることは大事でした。

セットではこれらを用意したことによる、心理的な安心感・ワクワク感が重要だったのに対して、セッティングではこれらを使って楽しむことが重要になります。

まとめ

以上、トリップをバッドにせずグッドにするためのセットとセッティングについてでした。

長々と書きましたが、要は快適な状態を作る、ということですね。

大麻の影響下では、様々な感覚が強くなります好きなものはもっと好きだし、嫌いなものはもっと嫌いです。

そんな自分を満足させられる状態作りや刺激の提供ができれば良い体験が出来そうです。

最新情報をチェックしよう!