別人になる!?大麻による変性意識と効果、付き合い方について

こんにちは!変性意識の波を華麗にサーフしたい、とは思いつつもよく沖に流されてしまっているCannaby編集部のYuです。

今ままでハイな状態とシラフの状態、その間を何度か行き来しながら自分の内面を観察してきました。

今回の記事では、その過程で気が付いた大麻による変性意識の状態、また意識や感覚の編集効果、そしてそれらを踏まえて考えた付き合い方についての考察を書いてみました。

ハイな時の意識と感覚

ハイになった時、意識や感覚が変わるのは、大麻経験者の多くが体験していることだと思います。

LSDやマジックマッシュルームほど強くはありませんが、他のサイケデリクスと同様、大麻にも変性意識になる効果があります。(意識は思考回路と読み替えても良いかも知れません。)

どういう風に意識や感覚が変わるのかは説明しづらいのですが、一例を上げるとすると、意識が「今」に向きやすくなります。極端な状態では、今目の前にあること以外を意識しにくくなります。

この状態で、例えば誰かが目の前に突然現れると普段よりもびっくりします。普段よりも予期していないからです。

ハイの最中は忘れやすくなることがよくありますが、これも同じ原理ではないでしょうか?

「今」に集中しているあまり、過去のことが現在の意識(思考の範囲)内からいなくなるのです。

これは会話している時なんかによくなりますね。「あれ?何の話してたっけ?」と。

他の例としては、物事の解釈がよりネガティブになったりポジティブになったりすることもわかりやすいかも知れません。

また感覚の変化としては、より敏感になっていることがよくあります。自然を見てより美しく感じたり、音楽がより鮮明に聞こえたりします。

このように、大麻の影響下にある時は、意識や感覚が通常とは違う状態にあると言えると思います。

意識・感覚が違うと別人

ちょっと哲学的な話になりますが、このハイな時の自分とシラフな時の自分は同じでしょうか?

もちろん、名前も性別も社会的な立場も変わりませんので、そういった観点からは同じと言えます。

しかし、同じインプット(例えば音楽)でも、違うアウトプット(例えば「より鮮明に感じる」)が生まれる、という観点からは違うとも言えます。

そしてアウトプットが変わったということは、自分の内面的な部分、思考や感覚、よりマクロな観点では性格やコミュニケーション方法などが変わったということです。

もしその人を定義するのが個性や性格であるならば、ある意味では別人になったと言えるかも知れません。

しかし、変わったのはその時だけなのでしょうか?それとも、それ以降も変わった状態なのでしょうか?

意識・感覚の編集効果とは

ハイになったりシラフに戻ったりを繰り返してきて気が付いたことがあります。それは、ハイの間に出来た思考(意識)や感覚はしばらく残る、ということです。

例えば、ハイな時に食べて幸福感を得たものは、それからシラフになってもしばらく好きだし、大分薄くはなりますが、以前よりも美味しく感じられるようです。

また、ハイな時に考えたことや得た感情もしばらく残っていることに気がつきました。

ポジティブなものでは自然や身近な人への感謝、ネガティブなものでは社会への不信感や他人への嫌悪感などです。

内容関係なく、しばらくの間は同じ考えや感情が湧き上がることがよくありました。ある意味では、固執するようになったと言っても良いかも知れません。

これはまるで、脳内に新しい回路が作られたようです。

単純化し過ぎているかも知れませんが、本来ならば時間をかけて作られる「Aに対してBの反応をする」という新しい回路が即席で作られたという印象です。

どれぐらいハイになったのかなど、様々な要因によって変わりますが、個人的には、大体2、3日ぐらいはその影響下にあると感じます。

これは、しばらくハイとシラフを往復して、自分の様子を観察し続けて気が付きました。

また、そのようにハイの感覚が残っていたことに気が付いたのは、2、3週間ほど経った後でした。

ハイになって2、3日間の自分の思考や行動を思い出して、通常にはないパターンに気が付き、なるほど、あの頃の意識・思考・感覚はハイの影響下にあったようだとわかりました。

つまり、大麻が引き起こす変性意識、その間は新しい回路(インプットに対するアウトプットのパターン)を作りやすく、その回路はしばらく残るのではないかと考えています。

また、変性意識状態では、通常と思考や感覚が変わっている、つまりある意味では別人になっているとも言えます。

変性意識との付き合い方

こう考えてみると、ハイな時に自分をどんな状態にするかはとても重要だと思います。

どんなインプットをして、どんなアウトプットをするのか。

自然と接して感謝の気持ちを感じたなら、それからしばらくの間は、自然と接してポジティブな感情を得やすくなるかも知れません。

逆に誰かを嫌悪したならば、その後数日は、その人を思い出しては苦い気持ちになることが増えるかも知れません。

その時の状態が、その後の状態にも影響を与えるという前提で、自分を上手く誘導してやるといいのかなと思いました。

また、変性意識下の自分に必要以上に振り回されないために、ハイになってしばらくの間の感覚や思考は、通常とは変わっていると認識しておくのも重要です。

もしかすると、今の思考や感情はハイの影響があるのかもと考えながら自分観察をすると良いかも知れません。

まとめ

今までハイとシラフを何度か往復しながら自分の変化を観察してきました。

その結果、ハイな時は意識や思考、感覚が変わっている状態、いわゆる変性意識になることがわかりました。

またその時の思考や感覚はしばらくの間残ることがわかりました。まるで脳内に新しい回路が作られたような印象です。

それを踏まえて、大麻をQOL向上のためのツールという面から考えてみました。

上手な付き合い方としては、インプットとアウトプットを上手く誘導すること、またハイになって数日間から1、2週間ほどは影響下にあるかも知れないと念頭におくだと思います。

最新情報をチェックしよう!