ベストな割合!?大麻オイル(CBD9mg・THC1mg)でヨガをしてみた。

こんにちは!インドと言えばカレーとヨガ、そして大麻(特にハシシ)なイメージのCannaby編集部在籍中のYuです。

最近以下の記事のように、様々な割合の大麻成分を摂取してヨガを行ってレポートしてきました。
THCメインの品種を使ってのヨガ体験
THCとCBDの割合がほぼ同じの品種を使ってのヨガ体験

今回はその続きとして、CBDメインで摂取してヨガを行ってみましたのでレポートします。

摂取内容

今回使ったのはEDISONというメーカーのCBDオイルで、2mlでCBD18mg、THC2mgを摂取しました。自分の感覚としては、CBDは普段は5mgの摂取で十分リラックスするためかなり多めTHCは5mgでそこそこのハイになるためマイクロドージングの分量です。

レポート

朝起きてすぐに摂取しました。まず舌下に1分ほど溜めてそこの血管から直接吸収するので、少しの効果はすぐに感じられます。いつものように呼吸が深くなり、これは数時間の間ずっと続きました。

摂取して45分後、空きっ腹に摂取したので効果が出るのが早い気がします。少し体全体がポカポカしてきます。少し精神的にすっきりしていて、ポジティブになっていて、気持ち良い感覚があります。また呼吸が自然に深呼吸のようになりました。

摂取してから一時間後、ヨガの開始です。30分ごとに小休止を挟んでの1時間のコースを行いました。

THCを多めに使った以前の2回と比べて、まず感じたのは負荷の感じ方が全然違います。

やっていることは同じなのですが、辛さが強くありません笑。息切れも動機もなく、ほとんど休まなかったですし、バランス感覚も良いのでポーズがやりやすいです。またノドもあまり乾きませんでした。これも地味ですがヨガのしやすさに貢献してくれました。

普段(大麻成分無し)の時と比べての違いとしては、集中力が上がっており、他人の目があまり気にならなくなっていることと、体も心もよりリラックスしている点がありました。

ヨガが終わった直後の気持ち良さ・体がほぐれた感覚としては、気持ちがすっきりしていてほぐれた感はありますが、特に気持ち良かったり、「羽が生えた」ような極端な感覚はありませんでした。普段と同じと言っても良いぐらいだと思います。

家に帰ってからは普段よりもリラックス感が強く、ゴロゴロすると気持ち良さがありました。しかしそれらはTHCのチルの感覚とは違う、表現が難しいのですが、普段の感覚の延長線上にある、より自然に近い気持ち良さでした。

まとめ

今までTHCが多めの品種を使ってヨガをしてきて、正直相性が良くないのでは?という疑問を持っていました。

自分がヨガに慣れていないせいか、負荷を強く感じて早くバテてしまうし、バランス感覚も悪くなってしまうように感じていたからです。

今回CBDメインで摂取して感じたのは、THCはマイクロドージングの量がちょうど良いということです。ヨガ後の強い気持ち良さはありませんが、負荷もバランス感覚も通常時と同じ程度でノドも乾かないので、やりやすいというメリットが大きいと感じました。

今回で大麻成分のバランスを一通り試せたので、今後はCBDメインでヨガをやっていこうと思います。

最新情報をチェックしよう!