体が軽々!?大麻(THCメイン)を摂取してヨガをしてみた

こんにちは!屈伸しても手が地面に着く気配はありません、まるで体と地面に逆の磁力が働いているかのように感じているCannaby編集部のYuです。

海外ではハイになってヨガをすることが人気だそうです。以前、実際にどうなのか気になって体験してみたのですが、その時はTHCとCBDの濃度が約9%ずつのものを使っていました。
THCとCBDの割合が同じ大麻を摂取してヨガをしてみた

この体験は素晴らしかったのですが、この後気になったのが、もしTHC濃度がもっと高いもので行うとどうなるかです。瞑想だとTHC濃度が高すぎると合わないように感じていたのですが、ヨガだとどうなのでしょう?

今回真相を探るべく、ハイになってヨガをしてみたのでレポートします。

レポート

摂取開始

18:20:摂取を開始しました。

今回の品種はレモンスカンクです。サティバ優勢ハイブリッドでTHC濃度は18.0%、CBD濃度は0.07%以下、ほぼTHCですね。ブランドはDNA Geneticsで、ヘッドハイが良い感じなので音楽を楽しみたい時やアクティブな活動と合わせて使っています。

18:25:顔に少し暖かさを感じ始めました。口も少し乾きを感じますが、他は変わりません。

18:30:ちょっとリラックスした感覚があるのと思考のラッシュ、また頭の一部が少し熱っぽいようなふわっとした感覚があります。

18:35:音楽が最高に楽しいです。自然が美しく異世界に来たような感じます。また距離感にも変化があり、近くにある木を引いて見ているというか遠くにあるように感じます。

18:40:幸福感が押し寄せて来ました。景色が映画の美しいワンシーンのようで、自分が映画の主人公のように感じます。

18:45:座ると身体の特に下半身がジワジワ(そわそわ)します。目の前の広場とビーチの空間を広く感じます。また全体を捉えていて、見ている景色が一枚の絵画のようです。まぶたが重く感じたので目を閉じて聴き始めた音楽が楽しいです。幸せな気分で思考が高速で巡っていますが、実はちょっと眠たくなってしまいました笑。

すいません、ハイの記述が長くなってしまいました笑。ここからヨガのパートになります!

ヨガ開始

19:00:さて摂取して40分、しっかりとハイになりこれからヨガの開始です。開始してからは眠たさはゼロになり、覚醒している感覚があります。

19:30:30分ヨガをして一旦休憩に入りました。最中はやはり負荷をより強く感じました。体のどの部分に負荷がかかっているのか、いつもよりも敏感に感じます。そのせいか、普段よりもバテがちで休みたい気持ちを何度か感じました。ヨガの最中に見える景色は綺麗で、木はより彩りを強くして壮大に見えました。ただ負荷を感じていたせいか、正直楽しいという気持ちはなかったですね。終わってみるとあっという間で、体が柔らかくなったように感じます。

ヨガ終了

20:00:一時間のヨガが終了しました。後半の30分のヨガも前半と同じような感覚がありました。また、締めの瞑想中の呼吸が気持ち良く、じんわりと温まった体全体に当たるちょっと冷たい空気は快感でした。インスタラクターの方が仰った「I want you to be completely now.」が心に刺さり、「そうだ、自分の今は今しかないんだ!」となんか感動していました笑。

全体が終わってみると、身体がとても軽く感じ、普通に歩いているのに飛んでいるかように感じました。

まとめ

今回はTHCメインのサティバ優勢バッズでヨガをしてみました。一時間やり終わった後の身体のフワフワとした感覚はとても爽快で、全身のコリがほぐれ尽くして羽が生えたよう、と言っても大袈裟ではないかも知れません。

THCとCBDの割合が同じ大麻を摂取してヨガをしてみたの時は、体のほぐれは強くあったものの、身体の軽さ・フワフワ感まではありませんでした。ここは摂取したTHC量の差が作り出しているのだと思います。

ただ前回のヨガ、ランニングの時と同じように最中は負荷を強く感じましたね。やはりより初心者用のコースや自分のペースでヨガをすると、もっと負荷を調整できて楽しくできるのかも知れません。

最新情報をチェックしよう!