大麻の摂取・使用方法まとめ10個

こんにちは、Cannaby編集部のYuです。

普段はハンドパイプで大麻を摂取しているのですが、実は他にも色々な方法があるそうです。

煙として摂取する以外にも、成分を抽出して食べ物に混ぜたり、肌に直接つける方法などがあり、それぞれに違う経験や効果があると聞き、気になったので調べてみました。

今回は代表的なものを10個紹介します!

吸入摂取

これはカンナビノイドを気化させて摂取する方法です。昔ながらの喫煙と、最新のテクノロジーが可能にしたベイピングの二種類の方法があります。

喫煙・スモーキング

ジョイント・ブランツ

紙を巻いて、市販のタバコのような形状を作り、先端に火を付けて大麻を燃やし、その煙を吸う方法です。

ジョイントの場合はその紙の原料が麻や竹、または米だったりと様々です。ブランツは紙の原料がタバコの葉でニコチンを含んでいます。

ブランツはタバコのフレーバーとニコチンの効果もあるため、タバコが好きなユーザーと相性が良いですが、よく知られているように健康リスクが存在します。

ハンドパイプ

これは扱いやすさに定評があり、海外ではこれを使っての喫煙がおそらく最も一般的です。

値段もデザインも機能にもバラエティがあり、特にデザインについてはアートの次元に達しているものもあります。

初心者が簡単に大麻を喫煙する方法として、バッズから適量を千切り、パイプに入れてスモークするいうやり方があります。

これなら紙の準備や巻く手間がいらない分楽とのことです。

ハンドメイド

ハンドメイドの世界は奥が深くクリエイティビティの見せ所です。材質、デザインや機能は想像力次第で、いろんなものが作れます。

ただ、作るのも大変なので、作られたもののほとんどはシンプルなハンドパイプで使い捨てです。

飲み物のカップに穴を開けたり、リンゴなどの果物に穴を開けたりして作るパイプをよくSNSで見かけます。

水パイプ

水パイプは、いわゆるボングやバブラーと言われるもので、ハンドパイプに水を使う機能を追加したものです。

煙が水を通って冷やされるため、ノドを痛めにくいメリットがあります。

またこれはまだ確定した情報ではありませんが、水がタールなどの有害な物質のフィルターとして働くと言われており、健康を気にする層から関心を集めています。

シーシャ

海外ではフーカ、日本では水タバコでも知られています。この方法では大麻単体よりも、タバコと混ぜて使われることが多くあります。

その理由は、中の水が少ないため、大麻単体だと燃えるのが早くて吸う回数が減ってもったいないことと、焼けすぎてしまって味がまずくなるからです。

タバコを使うため健康リスクが上がりますが、同じ空間同じ時間に多くの人と一緒に吸うという、また違った経験ができる良さがあります。

ベイプ

ベイプにはたくさんのメリットと少しのデメリットが認識されています。メリットとして大きいのは健康リスクの減少です。

ベイポライザーの燃焼熱は、THCやCBDその他のカンナビノイドを抽出するのには十分ですが、その熱は有害な物質を生み出すほどではありません。

これは、大麻を摂取する上での健康リスクを大幅に減少させてくれます。

しかし、デメリットとしては、この仕組みは燃焼した際の香りを著しく低下もさせてしまいます。

ただこの点は、テクノロジーが日々進歩しているため、解決するようなデバイスが出現する可能性があります。

ベイプのほとんどはオイルやワックスといった濃縮物を、カートリッジとしてセットしたり、直接注入して使用します。

バッズを使えるものもありますが、デバイスの形状が複雑になってしまい、持ち運びやすさなどの利点が失われるため、使う人はあまりいません。

より最近生み出された摂取方法にはダビングがあります。ダビングにはバッズを燃焼させるのに比べて様々なメリットがありますが、THC濃度が非常に高くなりがちという懸念があります。

経口摂取(食べる・飲む)

経口摂取の方法ではカンナビノイドを含む製品を口から取り入れます。その製品にはティンクチャー、オイル、そしてエディブルが含まれます。

全ての方法で胃から吸収すると思われがちですが、ティンクチャーの場合は口内で吸収する用に作られています。

ティンクチャー

チンキ、チンキ剤とも呼ばれるものです。液体状の抽出物で、摂取量がコントロールしやすく、他の経口摂取と比較して早く効果が現れます。

喫煙に伴う有害性がないので、健康志向な層に人気があります。

使用方法としては、数滴を舌の上に垂らして一分ほど口の中で放置して、それから飲み込みます。

抽出するために大麻を漬けるのはアルコールが一般的ですが、他の脂溶性の液体、グリセリンやビネガーも使われます。

エディブル

エディブルは英語では「edible」とつづられ、「食用」、「食べられる」という意味を持ちます。

大麻界での「エディブル」とは、大麻由来の成分が体内に取り込める状態か否かに関わらず、成分が入っている食べ物や飲み物を指します。

喫煙やベイプなどの、成分をすぐに吸収するような方法とは違う体験があり、効果が発現するまでの時間が長く、その効果が強い傾向にあります。

効果が現れるまでは30分~2時間ほど掛かり、その持続時間は6時間以上にもなります。吸入摂取よりもハイがかなり強いため、慣れない場合は注意が必要です。

摂取後1時間しても効果が現れないと思って追加して、後でハイになりすぎて気持ち悪くなったということも起こりえます。

ティンクチャーを料理に加えてエディブルにするのは、その簡単さと量の調整のしやすさで人気です。

オイル

エディブルに入れる前のオイルを直接摂取することもできます。そのまま食べてもいいですし、カプセルに入れて摂取するのも一般的です。

よく知られているものにはリックシンプソンオイル(RSO)があります。これはシンプソンが自分のガンを治すために2003年に使ったものです。

アルコールを使って大麻の有効成分を抽出し、アルコールを気化させてタールのように見える物質を作ります。

肌に付ける・局所的

この方法では、カンナビノイドをアクティベート(成分を変化)させたオイルを作り、肌などの部分に付けて吸収します。

このアクティベートは「decarboxylated」と呼ばれ、加熱によってカンナビノイドの成分を変化させることを意味します。これにより肌から吸収できるようになります。

この方法で摂取すると、精神的な、いわゆるハイになる効果がありません。精神的な変化を求めておらず、局所的な対応がしたいユーザーに向いている摂取方法です。

美容や筋肉痛などのために使われることがよくあります。


最新情報をチェックしよう!