大麻でハイになって動画を観る時に準備するべきもの三つ

大麻でハイになった時、映画やドラマ、アニメなどの動画を観る人は多いと思います。

しかし、その時のセットとセッティングはいかがでしょうか?
セットとセッティングとは?

今回はより良い状態にするために、準備するべきものを三つ紹介しようと思います。

複数の動画候補

動画を観る時にこんな経験はありませんか?

・ハイになってから動画が観たくなった。サイトを開いたけど観たいものを探すのに時間が掛かってイライラしてしまった。

・観ていた動画がいまいちで別の動画を探し始めた。しかしなかなか見つからずイライラしてしまった

ハイであればあるほど動画を楽しめるかも知れません。しかしリラックスもしているので、探すのを面倒臭く感じてしまいますよね。

極端な場合では、文字をタイピングしたりプレビューを観るのも大変に感じます。

また時間感覚が変わっているため、数分間探しただけでも長期間に感じて嫌気が差すことがあります。

それぐらいではバッドにならないと思いますが、複数の候補を事前に用意しておくだけで、これらは簡単に避けることができます。

最近の動画サイトは、気になる動画を保存しておく便利な機能があります。

普段から気になる動画(特にハイと相性が良さそうなもの)を追加しておくと楽しい時間を増やすことができます。

目薬

ハイな時は目が乾きやすいですし、動画を観ていると尚更です。

翌日目が赤く充血してしまって、周りに変に思われないか勘繰った経験のある人も多いと思います。

また、ハイになった後に、目薬が手元にないことに気が付き、後で赤い目になることを心配して、ネガティブになってしまったこともあるのではないでしょうか?

目薬は念のために複数ストックしておき、ハイになる前後で使うと、そのような状況を簡単に防ぐことができます。

事前に使うのを忘れることもあるため、ソファや寝室などのリラックスする場所に一つ常備しておくのも一つの手です。

そうしておくと、ストーンやカウチロック状態で、動くのが面倒くさくなっている場合も安心ですね。

飲み物と食べ物

ハイになるとノドが乾いたりお腹が空くことがよくあります。

そんな時に家に何もないとストレスになります。

事前に好きなジュースやお菓子を買っておくと、そのような状況を簡単に防ぐことができます。

ただ、ハイで動画を観ている時に飲食したいかどうかはその人次第でもあります。

その理由は、大麻の効果の一つに「目の前の物事やインプットに集中する」があるからです。

この効果により、食べ物からの刺激が強すぎるとそっちに集中してしまい、動画の内容が頭に入ってこないことがあります。

逆に、動画に見入っていて、せっかく用意した食べ物の味がよくわからない場合あります。

人によっては、食事は動画の前に済ませておき、観ている時は水などの刺激の薄い飲み物だけが良い人もいます。

それぞれの楽しみ方があるので、場合に応じて準備することが大事だと思います。

まとめ

今回はカンナビスを摂取して動画を観る時に用意しておくべきもの三つを紹介しました。

その三つとは、複数の動画候補、目薬、そして飲食物になります。

これらを適切に準備しておくことによって、トリップを左右するセットとセッティングを良い状態にできます。

最新情報をチェックしよう!